• 狭小地に建てる江戸川区の新築一戸建て

    すでに住宅が密集する江戸川区で新築一戸建てを建てるには二つの方法があります。



    一つは売りに出ている更地を求め、新築一戸建てを建てる方法、もう一つは、既存建物が建つ中古物件を土地ごと購入し、建物を解体して、新たに新築一戸建てを建てる方法です。


    江戸川区では新たな住宅地の開発は期待できず、既存の土地をいかに活用するかが大切案ポイントとなります。
    江戸川区では、すでに使われていない空き家が増えています。

    持ち主は処分に悩んでいるはずで、積極的に売却を求める方法もあります。



    持ち主の住所は法務当局で登記事項を調べることで判明します。
    持ち主と直接交渉することで、良い方向に展開する場合もあります。
    江戸川区で更地を求める場合は、ほとんどが狭小地であることが予想されます。



    狭小地でも新築一戸建てを建てることは可能ですが、道路に接している必要があります。
    道路に接していない、再建築不可の物件は購入してはいけません。狭小地では、鉄骨造か鉄筋コンクリート造による3階建て住宅が期待できます。江戸川区のような住宅密集地で、木造の住宅を建てるのは得策ではありません。

    鉄骨造や鉄筋コンクリート造は、密集した住宅地でも暮らしていける建物を建てるのに便利な構造です。

    交通量の激しい場所や、水害の発生が予想される場合は、鉄筋コンクリート造が向いています。
    音を遮るために静寂な暮らしができ、水害に対しても安全です。資産価値を守るためにも、構造の選択は間違わないようにしたいものです。